高松屋根壁プラザ

0120-822-270

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

コラムcolumn

サビる?サビない?ガルバリウム鋼板

サビる?サビない?ガルバリウム鋼板

今や、金属の外壁材、屋根材といえば、
ガルバリウム鋼板を指すほど、
とてもメジャーな建材となっています。

ただ、これから家を建てたり、
リフォームしようという時に、
ガルバリウム鋼板を使う場合、
サビるかどうかが
とても気になるところです。

せっかくのキレイな建物が、
サビだらけになってしまうのは
避けたいところです。

結論からいえば、
ガルバリウム鋼板はサビることがあります。

ただ、メンテナンスによって、
サビないようにすることも可能です。

では実際のところ、
どんな時にサビるのか、
どうすればサビないのかを
見ていきたいと思います。

「ガルバリウム鋼板の構造」

ガルバリウム鋼板の正式名称は
55パーセントアルミ・亜鉛合金めっき鋼板です。

鋼板とは、
鉄に炭素などを加えて強度を増したものです。

その両面にアルミニウム55パーセント、
亜鉛43.4パーセント、シリコン1.6パーセントの
めっきが施されています。

めっきとは溶けた金属による膜を、
表面にくっつけることです。

最近のガルバリウム鋼板の、
裏側には断熱材、
表側には塗装が施されています。

ガルバリウム鋼板がサビに強い理由は、
めっき層にあります。

通常は保護皮膜として役立っているめっき層ですが、
何らかの理由で傷がつき、
鋼が露出することがあります。

その時、
周囲の亜鉛が、
鉄より先に溶けだし、
鉄を保護します。

これを亜鉛の
犠牲防食といいます。

さらにその後、
めっきの成分であるアルミの表面に、
酸化物の皮膜ができるため、
鋼板を保護することになります。

この膜を不動態皮膜といいます。

こういった、亜鉛と
アルミの作用によって、
鋼板はサビから守られています。

ただ、全くサビないというわけではありません。

「ガルバリウム鋼板のサビ」

亜鉛の犠牲防食作用、
アルミの保護作用をもってしても、
カバーしきれないことがあります。

それは、深い傷がついた時です。

鋼板がサビてしまうため、
赤サビが発生します。

赤サビは傷がつけば発生する可能性があるので、
屋根であれば、
木の枝のひっかき傷で、
壁であれば、自転車が倒れて傷つけば、
赤サビが発生することになります。

ガルバリウム鋼板に発生するサビには、
白サビもあります。

白サビは、
白い点々が表面にできるもので、
塩害のある地域や、高温多湿な地域で
発生することが多いようです。

これはめっき層の亜鉛が
酸化して出てきたものです。

北向き軒天の下のように、
日当たりが悪く、
水に濡れた後、乾きにくい場所には
発生しやすくなります。

その他、
電蝕という腐食もあります。

これは、
違う種類の金属同士が
触れ合うところに、
水が付着することで起こる現象です。

特に外壁においては、
装飾品などで、
ガルバリウム鋼板とは
別の種類の金属を使う可能性があり、
それらが触れている部分では注意が必要です。

また、
もらいサビといって、
サビたものがガルバリウム鋼板にくっついていると、
そのサビをもらってしまうことがあります。

鉄道の線路に近い家屋など、
列車によって削られた、
線路の鉄粉が飛んで来て付着することがあります。

その鉄粉がサビると、
ガルバリウム鋼板が
サビをもらってしまうかも知れません。

「ガルバリウム鋼板のメンテナンス」

これまで見てきたように、
サビにくいガルバリウム鋼板にも、
サビる要因がいくつかあります。

けれど、メンテナンスを行うことによって、
サビを簡単には発生させないようにしていきます。

方法としては、
まず、年に1回から2回、
水洗いします。

これは白サビの予防になります。

したがって、
日当たりの悪い、
水に濡れるとなかなか乾かない場所を
特に重点的に洗います。

洗うと言っても、
こすったり、高圧洗浄機を使ってはいけません。

こすると、表面が傷んでしまいますし、
高圧洗浄機はかなりの圧力なので、
ガルバリウム鋼板のゆがみ、へこみにつながったり、
スキマへの水の浸入を招いたりしますから、
水はかけ流す程度にとどめます。

屋根は、形状にもよりますが、
通常は雨によって、
洗い流されますから、
水洗いは壁のメンテナンスとなります。

塩害の発生する地域や、
鉄粉が飛んでくる場所では、
水洗いの回数を、
たとえば月に1回とか2回といった具合に
増やしていきます。

赤サビは表面を塗り直すことで対応します。

これは、10年から15年に1回程度の頻度で行います。

ただ、金属のつるつるした表面のままでは、
塗料の食いつきが悪く、
均一に美しく塗装することが難しいため、
目荒らし(ケレン)という、
表面をざらざらにする作業が必要になります。

特に表面にフッ素加工が施されている
ガルバリウム鋼板では、
つるつるの度合いが高いので、
入念に作業する必要があります。

もしかしたら、
形状によっては、
塗り直し作業ができない部分があるかも知れません。

経験ある業者に見てもらうのが良いでしょう。

「まとめ」

サビやすかった、
トタン板にとって代わったガルバリウム鋼板ですが、
全くサビない、
メンテナンスフリーというものではありません。

正しく対応して、
長く美しく保持していければと思います。