高松屋根壁プラザ

0120-822-270

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

コラムcolumn

ハイブリッド瓦、メリット、デメリット

かつて日本中の屋根をおおっていた屋根材は
日本瓦でした。

丈夫で長持ちし、
メンテナンスなど、
考える必要のないものでした。

やがて、技術や経済が進歩してくると、
デザインの多様化などにより、
日本瓦では合わない部分がでてきました。

さらに、地震対策が叫ばれる現代では
屋根の重量が増す日本瓦は、
耐震建築の弱点とすら
指摘されることもあります。

けれど、欠点がありながらも、
他の屋根材と比べた場合、
魅力的な部分が多いのも事実です。

ハイブリット瓦を知る前に、
まず、日本瓦のメリット、デメリットを
見ていきたいと思います。

「日本瓦とは」

日本瓦とは、粘土瓦とも呼ばれ、
粘土を成形し焼いて作る屋根材です。

製造方法による分類としては、
いぶし瓦(素焼きの瓦)、
釉薬瓦(ゆうやくがわら、釉薬をかけて焼いた瓦)
などがあります。

形も様々で、
並べると波のようになるJ形、
平らなF形、
半分が半円筒状になったS形の他、
棟瓦、役物瓦など、
多くの種類があります。

産地は、いぶし瓦の
三州(三河地方、愛知県)、
淡路(淡路島、兵庫県)や
釉薬瓦の石州(石見地方、島根県)
などが有名です。

「日本瓦のメリット」

日本瓦のメリットには

・耐久性
・断熱性
・遮音性

などがあります。

・耐久性

これが、日本瓦最大の特長です。

いぶし瓦で50年、釉薬瓦はそれ以上の
耐久性を誇ります。

紫外線に強いため、
色あせせず、
雨をはじき続けます。

その間、再塗装をすることもなく、
瓦自体にメンテナンスの必要はありません。

・断熱性

元が粘土ですから、
断熱性は高いです。

また、瓦は屋根の下に空気層が
必然的にできるため、
これも断熱に役だっています。

この空気層のおかげで、
湿気がこもることもありません。

・遮音性

遮音性の高さは、
屋根材の中でもトップクラスです。

「日本瓦のデメリット」

日本瓦のデメリットには

・重い
・家全体の価格が高くなる

などがあります。

・重い

これが最大のデメリットとされています。

特に、家屋の上部が重くなることが問題です。

地震の揺れに対して、
上が重いと、
揺れが大きくなってしまいます。

これは耐震性に大きく影響します。

・家全体の価格が高くなる

重い瓦屋根を支えるため、
家の構造自体を強固にする必要があります。

また、地盤が弱い時には
地盤改良する必要もでてきます。

瓦を葺くことで、
屋根の価格もアップします。

建築のトータルコストが
アップする可能性があります。

「ハイブリッド瓦とは」

日本瓦のデメリットを見ていると、
結局、重さが問題であることが分かります。

もし、軽量の瓦を作ることができれば、
かなり高機能の瓦ができるのではないかと思います。

そこで開発されたのが
ハイブリッド瓦になります。

たとえば、
和風の家の屋根を葺き替える時、
耐震性を考えて軽い屋根材を選ぼうとしても、
どうしてもデザイン的に合わないことがあります。

そんな時の選択肢に適しています。

ハイブリッド瓦は、
いくつかの企業で製造されていますが、
いずれも“繊維強化セメント”を主体に、
セラミックやフッ素でコーティングされています。

「ハイブリッド瓦のメリット」

ハイブリッド瓦のメリットには

・軽い
・風雨に強い

などがあります。

・軽い

日本瓦の欠点を解消するために作られたものですから、
重量は半分以下と軽くなっています。

金属屋根はそれ以上に軽い屋根材ですが、
中には、
日本瓦から金属屋根に葺き替えて、
重しが取れた具合になったのか、
家が風で揺れるようになったという報告もあるようです。

そのような家屋には、
ちょうど良い重さかも知れません。

・風雨に強い

日本瓦は粘土を焼いて作るため、
まったくの同一製品にはならず、
個々にわずかな違いがあります。

そのため、強い風雨にさらされると、
スキマから雨や風が浸入し、
雨が染みたり、
風で飛ばされる可能性があります。

その点、ハイブリッド瓦は
均一に作られるため、
雨や風の浸入を許さず、
雨漏りや風害を食い止めます。

・耐久性

セメントが主体ですから、
コーティングなどにより、
高い水準の耐久性を獲得しています。

・強度

繊維による強化で、
強い衝撃にも割れないようになっています。

「ハイブリッド瓦のデメリット」

ハイブリッド瓦のデメリットには

・価格が高い
・普及はこれからのため事例が少ない

などがあります。

・価格が高い

大量に作られて価格が下がるという
ところまで至っていないため、
まだ高価な瓦です。

・普及はこれからのため事例が少ない

まだ、発売されてから、
20年ほどのため、
本当の耐久性などは
未知数のところがあります。

日本瓦のように
数百年かけて、
開発、淘汰がされていった
屋根材には及びません。

「まとめ」

まだ、新しい屋根材のため、
本当の耐久性や、
強さを知るのはこれからです。

けれど、もし評判通りの素材だったら、
日本瓦を押さえて普及する日も
そう遠くないように思います。