高松屋根壁プラザ

0120-822-270

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

コラムcolumn

断熱は、充填?それとも外張り?

普段目にすることがないもので、
実は家にとって大切なものが、
いくつもあります。

いえ、むしろ、
目に見えないところに、
家の機能が詰まっていと言っても
過言ではありません。

柱などの構造体、
配管、配線など、
壁の中には家屋の生命線が隠れています。

断熱材もその一つです。

実のところ、
断熱材がなくても、
法律的に問題はありません。

ただ、断熱材のない家では、
夏は暑く、冬は寒く、
冷暖房費もかかってしまいます。

したがって、
現在、断熱材のない家屋というのは、
まず考えられません。

さて、この断熱ですが、
工法には大きく分けて、
“充填断熱工法”“外張り工法”
二つがあります。

以下に、
二つの違いを見ていきたいと思います。

「充填工法とは」

充填工法とは
柱と柱の間の壁の中を
断熱材で埋めていく工法です。

充填断熱材には

・グラスウール
・ロックウール
・セルロースファイバー

などの他、

・発泡ウレタン樹脂

を吹き付けていく方法もあります。

「充填断熱工法のメリット」

充填断熱工法のメリットには、

・厚みのある断熱材になる。
・様々な間取りに対応できる。
・建物の大きさが変わらない。
・価格が安価。
・断熱性能が劣化しにくい。

などがあります。

・厚みのある断熱材になる。

柱の幅だけ充填することができるため、
その厚みを断熱材に使うことができます。

・様々な間取りに対応できる。

柱の間を埋めていく工法のため、
たとえアーチ形であっても、
充填することができます。

・建物の大きさが変わらない。

外張り断熱工法であれば、
断熱材の厚みだけ外に張り出しますが、
壁の内側に収まるため、
建物の大きさは変わりません。

・価格が安価。

現在、多くの家屋がこの工法を採用しているため、
価格がこなれています。

・断熱性能が劣化しにくい。

断熱材が壁の中にあり、
環境の影響を受けにくく、
劣化しにくくなっています。

「充填断熱工法のデメリット」

充填断熱工法のデメリットには

・防湿気密層の施工が必要。
・場所によっては充填しづらいところもある。

などがあります。

・防湿気密層の施工が必要。

壁内に結露が生じると、
家そのものが傷んでしまいます。

結露が生じないように、
防湿フィルムを張ったりする
施工が必要になります。

・場所によっては充填しづらいところもある。

断熱材の種類によっては、
狭いスキマまで、
充填しにくい場所があります。

充填断熱の施工に慣れている業者を
選ぶことも必要となります。

高性能断熱素材「スーパーフィル」はこちら

 

「外張り断熱工法とは」

外張り断熱工法とは、
柱の外側、
すなわち家の外側を
ボード状の断熱材でおおってしまう方法です。

断熱材の切れ目がなく、
断熱性が安定しています。

外張り断熱工法は
木造建築の断熱工法で、
コンクリート造りの場合は
外断熱と呼んで区別します。

「外張り断熱工法のメリット」

外張り断熱工法のメリットには、

・壁内結露が起こりにくい。
・気密工事が簡単。
・柱の間が自由に使える。

などがあります。

・壁内結露が起こりにくい。

壁の中も室内と同じ程度の
温度・湿度になるため、
結露が生じにくくなります。

・気密工事が簡単。

外側をボードでおおった後、
継ぎ目を気密テープでふさげば
スキマがなくなります。

・柱の間が自由に使える。

壁の中にはスペースがあるため、
ニッチなどを設けることも可能です。

「外張り断熱工法のデメリット」

外張り断熱工法のデメリットには

・厚い断熱材は張りにくい。
・厚みの分だけ家が広がる。
・外壁材を固定する支持材が必要。
・地震などでダメージを受けることがある。

などがあります。

・厚い断熱材は張りにくい。

外側に張るため、
充填断熱のように
厚さがあるものは張るのが難しくなります。

・厚みの分だけ家が広がる。

当然、断熱材の厚みだけ外へ張り出すことになります。
狭い敷地の場合、
その数センチが問題になることがあります。

・外壁材を固定する支持材が必要。

断熱材の外に外壁材を張るため、
しっかり固定できるようにしないと、
外れてしまうおそれが出てきます。

・地震などでダメージを受けることがある。

外側をスキマなくおおっているため、
地震などの揺れによって
破断することがあります。

※写真はイメージです

「まとめ」

断熱性能だけを求めた場合、
どちらかと言えば
外張り断熱工法の方に軍配があがりそうです。

ただ、デメリットも考えた場合、
充填断熱工法を採用した方が良い場合もあります。

自宅の条件をしっかりふまえて、
賢い選択を心がけましょう。