高松屋根壁プラザ

0120-822-270

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

コラムcolumn

鳥害は家を痛める原因です。

気が付いたら、
車の屋根に鳥のフンがついていた
なんてことはありませんか。

急いで洗い流しても、
うっすらと後が付いていたということも
あるかと思います。

ハトのフンは酸が強く、
このように塗装を傷めてしまうことがあります。

現在、人の近くで住む鳥は、
ハトの他にも、カラス、ムクドリ、
ツバメなどがいます。

普通に暮らすだけなら
あまり害のない鳥のはずですが、
それが民家に巣を作ったりしてしまうと、
じわじわと家をむしばむような被害が起こります。

では、鳥害(ちょうがい)には
どのようなものがあるのでしょうか。

「鳥害の種類」

鳥害の種類には

・フン
・騒音
・食い荒らし
・羽毛や木の枝が散らかる
・衛生被害

などがあります。

・フン

フンは最大の被害だともいえます。

たとえば、勾配の緩やかな、
ガルバリウム鋼板立平葺きの屋根に
フンをされた場合、
通常の雨程度では流れてくれません。

やがて、フンの中の酸が塗装を傷め、
それが金属屋根の腐食につながることがあります。

こうなると雨漏りが始まり、
手を打たなければ家全体が傷んでしまいます。

また、フンのおかげで衛生面もおびやかされます。

アレルギーの原因ともなる、
ハトジラミ、
あるいはオウム病やクリプトコックス病の
感染源になる可能性があります。

さらにフンを食べるゴキブリなどの
害虫が発生することもあります。

鳥は飛ぶことを優先するため、
常に体を軽くしようと、
飛びながらでもフンをします。

したがって行動範囲のどこにでも
落ちてくる可能性があります。

その掃除の手間だけでも、
十分に被害ではあります。

・騒音

騒音の一つは鳴き声です。

気になり始めると、
屋根からハトの鳴き声がするだけで、
落ち着かない気分になります。

また、金属屋根であれば、
屋根の上を歩き回る音も
かなり響いてきます。

特にジャンプするように歩くカラスは、
大きめの鳥でもあるため、
結構大きな音がします。

鳥の爪が金属屋根をひっかっくことで、
傷がついて、
そこからサビないかとも心配になります。

・食い荒らし

ゴミを出す日に、
少しの間だけ玄関先においたところ
カラスに食い荒らされてしまったという
事例もあります。

他にも、庭で実った果実がやられてしまうこともあります。

・羽毛や木の枝が散らかる

巣を作られてしまうと、
羽毛や木の枝が散らかることがあります。

それらが雨どいを詰まらせて、
といの破損や、
雨漏りの原因になることが考えられます。

・衛生被害

鳥から、
ノミやダニをウツされることがあります。

基本的に鳥は野生なので、
そういった寄生虫は持っていて当然です。

また、鳥インフルエンザが人に感染することがあれば、
生死に関わる問題になりかねません。

「鳥害の場所」

基本的に鳥は高いところに留まるのが好きなので、
屋根は被害にあいやすい場所です。

また、ベランダの手すりなども、
鳥が留まるかも知れません。

営巣の被害としては、
雨のあたらない場所が好まれるので、
太陽光パネルの裏は特に危険です。

ベランダや1階の屋根にエアコンの室外機があれば、
その裏も営巣される可能性があります。

家の構造によっては
軒天や下屋、
あるいは車庫の中なども
危険な場所です。

一度巣ができあがると、
帰巣本能が働き、
何度でも巣を作るようになります。

ただ、卵があったり、
ヒナがいたりするときは、
鳥獣保護の法律があるため、
みだりに巣を撤去できません。

役所で捕獲許可を取ったり、
巣立つまで待つか、
専門の業者に頼む必要があります。

「鳥害対策」

ベランダであれば、
ネットをつったり、
巣を取り払ったりすることも
それほど難しくはありません。

けれど屋根になると話は別です。

一般の方が上がるには、
危険な場所です。

特に、
太陽光パネルの下に巣がある場合は、
軒先に掛けたはしごの上からでは分からず、
実際に屋根に上がって
のぞき込まなければならないこともあります。

対策としては、
鳥が留まることができないように、
華道の剣山のようなシートを張ったり、
手すりのような場所であれば、
ワイヤーを張ったりします。

太陽光パネルであれば、
下に入り込めないように
金網を張り巡らせたり、
触れると電気が流れるような仕掛けを
設置することもあります。

屋根のように
普段、人が近寄れない場所は、
本格的な対策を施すことをオススメします。

特に太陽光パネルの下は、
鳥や小動物にとって
快適なすみかとなります。

気づいた時には
フンが積もっていて、
屋根やパネルの取り付け場所を
傷めていたなんてことになれば、
太陽光パネルをいったん外しての
リフォームには費用も掛かってしまうため、
注意が必要です。

「まとめ」

住宅は、
鳥と共生するようには
できていません。

鳥にひっかき回されないうちに
対策をとっておかないと、
メンテナンスの時に、
思いもよらない出費が強いられることになります。