高松屋根壁プラザ

0120-822-270

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

コラムcolumn

最先端技術の塗料「ラジカル制御形塗料」をご存知ですか?

ラジカル制御形塗料をご存じですか?

家屋の外壁のおいて、
今人気の窯業系サイディングでも、
根強い人気のモルタル壁でも、
塗装なしとか、
再塗装のメンテナンスなしということは
考えられません。

なぜならば、
いずれの外壁も塗膜によって
防水性能を得ているからです。

もし、塗装をしなければ、
外壁材に水が入って
シミ、カビ、コケの発生につながり、
更には雨漏りの原因となることでしょう。

家屋を、まず守ってくれるのが、
厚さ1ミリにも満たない塗膜なのです。

もちろん、
塗料メーカーも既製の塗料に
安住しているわけではありません。

あらたな高性能塗料を流通させようと、
研究開発にも力を注いでいます。

そんな中で、
現在、注目されているのが、
ラジカル制御型塗料です。

「ラジカル制御形塗料とは」

ラジカル制御形塗料は
2015年に日本ペイントが開発した新型の塗料で

塗料は通常樹脂が塗膜を作る主成になり
これに、色(顔料)と添加剤を混ぜてつくります。

たとえば、アクリル樹脂塗料、
ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、
フッ素樹脂塗料といったように、
○○樹脂という素材が、
塗膜をつくる主成分になります。

ところが、
ラジカル制御形塗料のラジカルは
塗膜の主成分ではなく

「ラジカル」とは酸素や紫外線、水などが
顔料に接触することで発生する
「劣化因子」のことです。

紫外線は塗膜最大の敵

言うまでもありませんが、
塗膜の最大の敵は紫外線になります。

塗料の分子が紫外線を浴びることにより、
分子同士の結合が引き裂かれます。

結合力を失った分子からは、
ラジカル(劣化因子)が飛び出し、
塗料を劣化させていきます。

ところが、ラジカル塗料には
ハルス(HALS)という光安定剤が
添加されています。

この光安定剤は
ラジカルと結合(キャッチ)し、
無害化します。

これが、
ラジカル制御型とも
ハルスハイブリッドとも呼ばれる所以です。

ハルスはラジカルを吸収しますが、
紫外線そのものに対しては、
何の働きもできません。

そのため、
紫外線吸収剤も添加して、
まずは、
紫外線の影響力を
最小限にとどめるようにしています。

また、ラジカルは
顔料に含まれる酸化チタンより、
発生することが多いことから、
これにも特殊コーティングをほどこし、
高耐候酸化チタンとして、
ラジカルの発生そのものも
押さえるような工夫もされています。

「ラジカル塗料のメリット」

ラジカル塗料のメリットには

・チョーキングがでにくい
・作業性が高い
・汚れが付着しにくい
・経済性

などがあります。

・チョーキングがでにくい

チョーキングとは、
劣化した塗料をさわると、
チョークのような白い粉が
手につく現象です。

これは塗装の紫外線劣化によってラジカルが発生し、
塗膜を傷めた状態です。

ラジカル塗料はラジカルの発生が押さえられるため、
チョーキングが起こりにくくなります。

・作業性が高い

ラジカル塗料はノビが良く、
壁材に対する食いつき(密着性)も良いため、
窯業系サイディングボードやモルタルはもちろん、
ガルバリウム鋼板などの金属系サイディングや
コンクリートなどにも塗装可能です。

また、複雑な形状にも容易に塗ることができます。

・汚れが付着しにくい

光沢がある塗料なので、
汚れが付着しにくくなっています。

つや消しタイプもありますが、
光沢がある方が、
長くきれいに使うことができます。

・経済性

価格性能も高く、
高耐候性であるにも関わらず、
比較的リーズナブルな塗料です。

シリコン樹脂と同価格帯でありながら、
フッ素樹脂塗料の耐久性を獲得しているといえます。

「ラジカル塗料のデメリット」

ラジカル制御形塗料のデメリットには

・実績の少なさ

があげられます。

ラジカル制御形塗料は
高耐候のすぐれた塗料ですが、
登場してからの日が浅く、
実績としての効果が、
まだ分からない部分があります。

もちろん、
メーカーでは
何回もテストしてから出荷していますから、
実地でも相応の結果は残すと思いますが、
もしかしたらテストの値を下回る可能性もあれば、
逆に上回る可能性もあるといえます。

ただ、経済性のある塗料ですから、
多少、数値を下回ったとしても、
まるっき損をしたという結果には
ならないのではないかとは思います。

「まとめ」

ラジカル制御形塗料は最新の塗料だけあって、
ラジカル制御という機能がプラスされ、
高耐候性能を獲得した、
すぐれた塗料になっています。

ただ、塗料は、
添加剤だけでなく、
主成分で寿命が左右されるところもあります。

それを考えれば、
ウレタンを主成分としたラジカル塗料より、
シリコンを主成分としたラジカル塗料の方が、
長持ちする可能性は高くなります。

ラジカル制御という機能と同時に
主成分の耐候性も併せて検討することを
オススメします。