高松屋根壁プラザ

0120-822-270

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

コラムcolumn

外壁塗料の新鋭・ラジカル塗料vs強豪・無機塗料

外壁塗料の新鋭・ラジカル塗料vs強豪・無機塗料

家における塗装の重要性を
多くの方は
あまり認識していないのではないでしょうか。

けれど、実際には、
ほとんどの家の外壁が
厚さ1ミリにも満たない塗膜によって
守られています。

たとえば、
窯業系サイディングボードや
モルタルは、
防水性能に欠けるため、
塗膜によってそれを補います。

あるいは、
金属系のサイディングであれば、
サビの発生を押さえるために、
塗膜の力を必要とします。

すなわち、
雨や紫外線など、
外の過酷な環境から、
第一に家を守っているのが、
塗膜なのです。

当然、塗料メーカーも
高性能の塗料を開発しようと、
努力していることと思います。

そんな中で
最新のラジカル塗料と、
高耐久性の塗料といわれる
無機塗料を比較してみたいと思います。

「ラジカル塗料と無機塗料」

ラジカル塗料と無機塗料には、
実は共通点があります。

どちらも、
主成分に添加する素材により
新たな性能を獲得しているのです。

したがって主成分が、
ウレタンか、シリコンか、
フッ素かによっても、
全体の性能が変わってきます。

また、それぞれの塗料が目指す方向も
同じ高耐久性です。

ただ、高耐久性へ向かう、
やり方はかなり違います。

「ラジカル塗料とは」

ラジカル塗料とは、
ラジカル制御形塗料のことです。

ラジカルとは
塗料が紫外線を浴びた時に、
分子同士の結合が崩れて、
飛び出すラジカル因子のことです。

ラジカル因子は
塗膜にダメージを与えるため、
これを制御するようにつくられたのが、
ラジカル制御形塗料です。

ラジカル制御形塗料には
高耐候酸化チタンと光安定剤が配合されていて
高耐候酸化チタンがまず、
ラジカルの発生を押さえます。

そして、それでも飛び出したラジカル因子は
塗料に配合された光安定剤が
キャッチ(結合)し、
無力化します。

こう見ていくと、
とてもハイテクノロジーの
固まりのように考えられますが、
実際には物質の性質を
うまく利用した塗料といえます。

「無機塗料とは」

たとえば石は、
どんなに風雨にさらされようとも、
光を浴びようとも、
変化しません。

外壁で考えるなら、
タイル貼り、石貼りにすれば、
素材そのものはほとんど変化しません。

これは、タイルや石が無機物だからです。

こういった性質を
そのまま塗料に持ち込んでいるのが
無機塗料です。

ちなみに、
簡単にいえば、
炭素を含む物質を有機物、
それ以外を無機物といいますが、
定義は意外に難しいため、
ここで述べることはできません。

無機塗料に配合されている、
セラミックやケイ素は無機物、
従来の塗料の主成分である、
ウレタン、シリコン、フッ素などは
有機物となります。

セラミックやケイ素を
そのまま塗りつけることができれば、
タイルのように変化しない、
外壁塗料が実現するのですが、
実際には壁面に定着することができず、
バラバラと落ちてしまいます。

そこで、
無機物を有機物である
シリコンやフッ素にまぜて、
壁面にくっつくようにします。

したがって、
主成分である有機物の耐久性を
考えなくてはならないため、
石やタイルのように
半永久的とは言えないところがあります。

ただ、
それでも高い耐久性を獲得しています。

「ラジカル塗料 vs 無機塗料」

それぞれのメリット、デメリットを

・耐久性
・ツヤ
・汚れ防止
・塗ることができる壁材
・価格

で比較したいと思います。

・耐久性

ラジカル塗料の耐久性は
12年から16年程度とされているのに対し、
無機塗料は20年以上といわれています。

もちろん主成分によっても変化しますが、
同じ条件なら無機塗料の圧勝です。

・ツヤ

どちらも美しいツヤを誇りますが、
少しだけ無機塗料の方がツヤやかでしょうか。

だだ、どちらもツヤなしは
あまりオススメできません。

性能低下を招くとともに、
塗りムラが目立つようになります。

・汚れ防止

どちらの塗料もツヤがあるので、
汚れが付着しにくくなっています。

これもツヤの分だけ、
無機塗料の方が
わずかに、リードしているでしょうか。

・塗ることができる壁材

ラジカル塗料はほとんどの壁材に塗ることができますが、
無機塗料は塗ることができない壁材もあります。

これらは、メーカーによっても違いがあるため、
まず、塗料から選ぶのではなく、
専門業者に壁材を伝えるて、
相談しながら選ぶと良いでしょう。

・コストパフォーマンス

低価格という意味では、
ラジカル塗料の圧勝です。

現在主流のシリコン塗料と、
ほぼ変わらない価格で施工できます。

それに比べて、
無機塗料は高価です。

無機成分の量に決まりはないため、
ほんの少しだけ無機物を混ぜて、
安価な無機塗料を売り出している例も
あるようですが、
これは論外です。

本来の無機塗料は、
高価といわれるフッ素塗料よりも
高価です。

40年という年月で考えた場合、
2回から3回の塗装が必要なラジカル塗料と、
1回の塗装で済む、無機塗料とでは、
どちらがトータルコストで有利なのかは、
悩むところです。

それに加えて、
屋根材によっては
再塗装が必要となるものもあり、
足場の共用まで考えると、
ますます頭をひねってしまいます。

また、家が立て混んでいて、
塗装時に周囲へ気兼ねしてしまうため、
回数を減らしたいという思いが
あるかもしれません。

そのあたりは、
家屋ごとの条件によって
ケースバイケースですので、
専門業者に見積もりを貰いつつ、
考えていくと良いでしょう。

「まとめ」

ラジカル塗料と
無機塗料の比較では、
コストパフォーマンスなら
ラジカル塗料、
耐久性なら、
無機塗料といったところでしょうか。

また、無機塗料は
無機塗料は堅い塗膜となるため、
地震などによる外壁材の変形が起きると
ヒビ割れることがあります。

さまざまな条件を考慮しながら、
最適な塗料を選ぶようにしましょう。