高松屋根壁プラザ

0120-822-270

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

火災保険Fire insurance

知らないと損!?その修理、火災保険が使えます!

知らないと損をするかも?屋根修理、雨樋や棟の補修は…火災保険が適用される?

「火災保険」という名称のため、火災の時しか使えない。といったイメージをもたれがちですが、実は、風災・積雪による災害など【自然災害で修理が必要な建物】の場合、ご加入の火災保険が適用される場合があります。
正しい保険申請と手続きで、自己負担0円になるケースもあります。これを機会に一度、お手元の保険証券を確認してみてはいかがでしょうか?

適用になる場合

01 火災・落雷

火災・落雷やガス漏れ等による爆発で生じた損害について保険金が支払われます。
また、落雷によって壊れた電化製品にも適用する場合があります。

02 風災・雪災

台風や積雪により屋根が飛んだり、破損した場合に保険金が支払われます。
高松市では、滅多にみられませんが「ひょう」なども対象になっています。

03 水災

暴風雨などによる雨漏り、洪水や高潮による床上浸水や破損に対して保険金が支払われます。 床上浸水は家具、建物も自分の力ではどうにもならない状態なことが多いですが、片付けや清掃などにも適用されます。マンションでは、設備の故障で上階の住人が起こした水漏れで天井や壁が濡れたなども対象となります。

火災保険を利用する方の、火災による利用は全体を見れば3〜5%と少なく、6割が水災・風災・雷災害の時に利用されています。
また、火災保険は自動車保険と違い、利用しても保険料が上がらないうえに、何度でも申請が可能ですので、家屋の異常に気がついたらすぐに私たち専門家への調査、申請をすることをおすすめします。

自己の判断で、「経年劣化による破損」、「この程度なら…」と考えるのではなく、専門家である我々に一度ご相談ください!!